ニュース・イベント

ホーム » ニュース » 新型コロナウィルス感染症の検査方法と種類

新型コロナウィルス感染症の検査方法と種類

02.05.2021 | ニュース

PCR Test

PCR検査

患者さんの唾液または鼻の奥を拭って検体を採取し、新型コロナウイルスに含まれる特定の遺伝子を調べる方法です。検出感度は高いが、検体を検査機関に送り、検査結果が出るまでには1-4日と時間がかかる。

抗原検査

新型コロナウイルスに特徴的なタンパク質(抗原)を調べる方法。PCR検査と比べると精度が落ちるため、検査が問題なかった場合PCR検査が追加で必要となる。また、一定のウイルス量が必要となるため、感染者の濃厚接触者であっても、無症状であった場合には抗原検査は推奨されない。

抗体検査

感染した後に体内で作られるタンパク質(抗体)を調べる方法で、感染歴が分かる。血液を採取して調べる方法です。

PCR検査 抗原検査 抗体検査
何を調べる? 今感染しているか? 今感染しているか? 過去に感染していたか?
検査対象精度 ウィルスの遺伝子を増幅して検出判定確率は60-90% ウィルスに特徴的な蛋白質精度はPCR検査よりも低い ウィルス感染後に血液中に作られる蛋白質(抗体)精度は定まっていない。
検体 鼻や喉の粘膜・唾液 鼻や喉の粘膜・唾液 血液
判定時間 1-4日 15-30分 1-3日
PCR検査 抗原検査 抗体検査
検査推奨時期 感染者と接触後 5日後、または症状を認識し次第 感染者と接触後 5日後、または症状を認識し次第 感染者と接触後
3-4週間以降
COVID-19 テスト
PCR法とは?
LAMP法とは?